昼夜を問わず北海道では怒っている

朝と夕方
あの怒っている木に
北海道を流して

そして、優しさで優しさを包み込んだ、

誤った北海道の日差しの中で
私は木の中を歩きます。

木は昼夜を問わず成長します、

北海道『元祖豚丼のぱんちょう』

やがて、それはフルーティーなリンゴをもたらします。

私の敵は果物が輝くのを見ます、

私はそれが私のリンゴだと知っています。

そして夜遅くなったとき

敵は私の庭に入り込む。

朝、私の敵、
りんごの木の下に手足を広げます。

うそをつく

「北海道」と笑います。

このメッセージは

「怒りを保存しないでください。
友達に腹を立てたときは、相手の人に胸を率直に伝えてください。

その後、怒りはすぐに落ちるでしょう。 「

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です