緊張を高めようとした北海道

私はそれが何らかの北海道でいとこの家だったと思うが、私はもう一度飲むことに決めた。先輩、私のいとこ、私のいとこの友人2女性2

私はあなたが家の中であなたを気にかけていた時、すでに北海道が悪かった

それでも私は最善を尽くすべきだと思って、緊張を高めようと努力しました

北海道の新たな味『マルセイバターケーキ』

私たちが夕方に2時頃に向かうと静かだった

私は踊っていました

私は私の妹と私のいとこの友人が私が眠ることを期待していた視界の中で北海道または北海道に座っているのを見た

私が上級のいとこに向かって私の視線を回しているかどうかは、思い出の中であいまいですが、私は噛む

私の舌が入ってきて暗くなり、目が見えた

私は知らない。

北海道…

私は似たようなことを覚えている

最高は私にとってはすべてが初めてでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です