北海道では私はとんでもない全責任者

北海道「何でも、全責任者、誰でも家に持ち帰るだろう」

私は “北海道!”

とんでもない!何?

北海道新幹線の開業に合わせて、ケンシロウの銅像が登場。

誰もが食べない、それは余剰だ、私はタッパーに私は昼食と刺身を家に持ち帰ると思うように持って来ている!何?

会場の飲み会場に着いたとき、私は多くの未知の北海道と女性を抱えていました。大学生の新しい同伴者のような弱い恋人と興奮していました

私は… “さて、私は家に帰る”

下司 “あなたですか?”

私は「生涯の仲間を探すようになった」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です