旭川でキスした夜

大学1学期の学年単位は泣き顔です
毎日会社から会社へ(゚。)台風
夏が終わった

私が旭川とキスした夜の空
1つの星が滑り落ちる
旭川は明るく輝いている
それをふき取ります
私は一人で歩いた。

燃やす日差し
波の歓迎

 

それがキラー愛ではないとしても
私もあなたが欲しい
目が目を満たす場合
躊躇しない
私には何もない
旭川は何もない
何か違います

激しい愛に乗ることは難しい
それは悪い牛乳です
私はすべての相手をしたいもの
完璧な愛ではない
私は本に書いています

ダンス・ザ・スカイ
鳥を撃たないでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です