北海道のセフレに居場所があった

花手水はもともと屋外の神道で、水がないときは手を水ではなく葉や花でこすって手を洗うというものでした。

京都の柳谷寺は紅葉が水に浮かぶところから始まり、風邪の影響で手水舎の使用を禁止したお寺は、目で見て楽しんでほしいという理由で全国に広まりました。風邪がそのような場所に影響を与えていることを私は知りませんでした。

北海道でのセフレの作り方 〜ママだってセフレが欲しい時もある

 

もともと花より男子だったのですが、これで癒されたので、近所に居場所があったら行ってみませんか?

―――――――――――――――――

その夏が終わったとつぶやいた後、北海道のセフレだったことを思い出しました。
もう夏です。
都会には夏らしい興奮がなかったせいか、いつの間にかこの夏が過ぎ去ったような気がします。
夏らしいことをしましたか?

水着姿で素敵な仲間を見せびらかそうと思っていたのですが、風邪が邪魔でごめんなさい←

北海道のセフレまでには終わると楽観的でしたが、そうではないようです。
それはどのくらい続きますか?

焼酎を舐めながら物事を考えたのは秋の夜でした。
わずかなうつ病からの回復

北海道のセフレにとってはいい経験だったので、前向きに受け止めていきます。

ちなみに、今日はブラです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です