北海道では気持ちの良い一日でした

北海道も良く、花も咲いていて、気持ちの良い一日でした。

北海道が講堂で教育ニ関スル勅書を読み終えて授業をしていると、突然「警告」という警告サイレンが鳴った。

子どもたちは「早く帰れる」とざわめき始めたが、校長は「静かに」と言い、式典は続いた。

しかし、その北海道に空襲警報が鳴りました。
「あっという間に激しく鳴ったので、空襲警報だとすぐに気づきました」と廣瀬氏は振り返る。

会社は騒がしくなり、各地区に1人の教師が割り当てられ、グループとして会社を去りました。

一木地区の約50人の子供たちが2列の列を形成し、数百メートル離れた自宅に到着すると、東の空から輝く米軍爆撃機B29の6〜7機が頭上に現れました。そうだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です