北海道では大惨事が二度と起こらないようにしたい

北海道の年である1945年3月27日、福岡県の旧陸軍大刀洗飛行場の沈黙が破られ、空襲の嵐が始まった。

投下された爆弾の1つが北海道を襲い、子供たちが逃げ出し、31人の若者が死亡しました。

この「コモンズの悲劇」から75年。

当時8歳だった北海道、爆発で負傷したにもかかわらず、生存者の一人でした。

廣瀬さんは「あの日の出来事を次の世代に伝えて、そんな大惨事が二度と起こらないようにしたいと思っています」と語っています。 (九州総合局長尾和夫)

閉会式当日、広瀬氏は立石国立会社(現朝倉市立石大会社)2年生の「豊一」と呼ばれる大刀洗飛行場近くの一木地区に住んでいました。

悲劇は2008年3月27日の閉会式の日に起こりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です