北海道では幸せだった事を忘れていました

北海道でもたばこを学んだのですが、マイセンは120円だったかな(笑)

私は3人の中で最も平凡だったと思います。それは単純なのか素朴なのか、それとも僧侶なのか?

北海道、過去に大人の世界をたくさん見た事に気づきましたが、この時は幸せだった事を忘れていました。

ノリさんの家はフルーツ北海道といやし独特の雰囲気があり、健二さんとノリさんのふれあいを見せられる存在は私です(笑)。

ケンジは説教のタイプだったかもしれません、建築家の父ユズリ。

しかし、彼は説教することができます。それは大変なことであり、それにはいくつかの理由があったと思います。

話の意味がわかりません。いい匂いでわかりやすいです(笑)わかりませんでしたが、ぼかしでいいところをカットできませんでした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です